MENU

空港ラウンジを使いたい方のクレジットカード

旅行の時に無料で空港ラウンジが利用できればいいですよね、旅行や出張が多いという方なら、空港ラウンジを無料で利用できるクレジットカードを作っておくのもよいでしょう。

 

基本的に空港ラウンジを無料で利用できるクレジットカードは、ゴールド以上の会員となっていることが多いのです。そのため、年会費が発生することになりますので、利用回数とのバランスやポイントなどとトータルで考えてゴールド会員となるかどうかを決定しましょう。

 

ゴールドカードでも年会費が1万円もかからない低価格なものもたくさんあります。もちろん低価格ゴールドカードでもラウンジ利用が付帯していますが、空港数やラウンジを利用できる人数が決まっているといった場合もあります。

 

年会費が2、625円と格安ながらラウンジが28空港と全国を網羅している三井住友トラストVISAポイントクラブゴールドカードはおすすめなのですが、申し込みのために三井住友信託銀行で口座を開設しなければなりません。ポイントクラブに入会し、同時にカードを申し込むという流れになります。家族カードも1枚無料で発行できます。

 

口座をわざわざ開設するのはやはり面倒ということであれば、年会費が3、150円のUCSゴールドカードなどもおすすめです。他にも、常に誰かを同伴して旅行にいく、出張に行くということが多い方なら、JALとANAのアメリカン・エキスプレス・カードなら同伴者も1名無料で空港ラウンジを利用できます。

 

このほかにも読まれている記事・・・ゆうちょ銀行ではデビットカードを発行している?

やっぱりステイタス?黒いクレジットカード

ステイタスの証なんていわれている黒いクレジットカードを持ちたいと思う人と、どうして欲しいのだろうと思う人が真っ二つに分かれるかもしれませんね。芸能人の○○さんが持っている、なんてテレビでわざわざうわさされるぐらいなのですから、ブラックカードは誰にでも身近なカードというわけではないのでしょう。

 

しかし、ステイタスのあるブラックカードというわけでなくただ券面が黒いという「ブラックカード」にも意外と人気が集まっているようです。このあたりでは、やはりちょっと見栄をはってみたいという心理が働いていそうですね。

 

クレジットカードにステイタスを求めるという人は限られている、と思うかもしれませんがゴールドカード、プラチナカードにランクアップしたいと考える人は意外と増えているようです。そしてその最終形がブラックカードということになるのかもしれません。

 

どうしてステイタスカードが求められているのかといえば、じつはその年会費に見合っただけのサービスなどが充実していることがあげられるでしょう。クレジットカードに年会費を払いたくないとかたくなに思っている方は、特にその特典などを一度チェックしてみるとよいかもしれません。

 

年会費を支払うカードは、そのクレジットカードを使ってホテルに泊まるときにグレードがアップされる、ポイントの還元率が大きくなるといったようにそれだけでお得なところがあるのです。ボーナスポイントが大きく加算されたり、コンシェルジュを利用できたりととにかく利用のしやすさはとどまるところがないといってもよいでしょう。空港ラウンジなどはその最たるものでしょう。

クレジットカードの達人になろう

クレジットカードの達人になりたいですよね。本当はお得なポイントと使いやすさでいっぱいのクレジットカードをしっかり使いこなすためにも、クレジットカードの作るときのポイントやカードの見方などマメ知識をしっかり仕入れておきましょう。

 

クレジットカードの達人となるためには、クレジットカードをよく知る必要があるでしょう。なんとなくおサイフにいれたまま高額の買い物のときだけ使ってみようかなと考える、というのではなかなか達人には近づけません。クレジットカードはとっても種類が多く、クレジットカードを選ぶときからもう達人になれるかどうかは決まっているのかもしれません。

 

もちろんクレジットカードを持ってからもスムーズに扱うにはどうすればよいのか、カードの特性をしっかり把握することが必要です。ポイントが貯まりやすいカード、さらにそのポイントに期限がないカードや、持っているだけでいろいろな優待を受けることができるカードなどなど本当に自分にピッタリのカードを探すことで達人の仲間入りしてしまいましょう。

 

もちろん達人は、セキュリティやクレジットカードを使うTPOも忘れませんよ。カードの使いかたによってさらにポイントが倍増、3倍増など使っていて楽しくなるようなクレジットカードもたくさんあります。まずはクレジットカードのマメ知識、基礎知識をしっかり仕入れて、いろいろなクレジットカードを比較してみましょう。たくさんあるクレジットカードも、自分にとって本当にお得なものは限られているはずです。